就職や転職をする場合に、必ずやらなければいけないのが求人企業探しです。求人を探す方法もいくつかありますが、その中でもLGBTフレンドリー求人を探すのはどうすればいいでしょうか?

今回はLGBTフレンドリー求人を含めて、就職先・転職先の企業をさがす方法をご紹介します。

転職エージェントでLGBTフレンドリー求人を探す

転職求人サイトと転職エージェントの最大の違いは、転職求人サイトを利用する場合は就職活動を独力でやらなければいけませんが、転職エージェントの場合はキャリアアドバイザーと呼ばれる専門家がサポートにつくという点です。

転職エージェントの中でも大手の転職エージェントの場合は、最初の登録段階で審査がありそれをパスした場合のみ実質的にサービスを受けられるというケースがあります。

地域密着型や業界特化型の転職エージェントのほうが登録に審査がないケースもあり比較的相談にのってもらいやすい傾向があります。

LGBTフレンドリー求人に関しては、各社がもつ求人企業の総数も大切ですが、その転職エージェントが自社で持つ求人をどれだけ深く把握できているかも大切になります。

転職エージェントを使う場合には、大手で求人数をたくさん紹介してもらうほうがいいか、特化型でセクシュアリティなども含めて自分にあう求人を紹介してもうらほうがいいかを考えて使い分けて利用することが大切です。

企業HPでLGBTフレンドリー求人を探す

求職者が仕事内容や社風などで興味のある企業を探して直接、企業HPの採用ページからエントリーすることもできます。

大手企業のLGBTに関する取り組みは、しばしば新聞などで取り上げられています。またPRIDE指標などを受賞しているLGBTフレンドリー企業もあります。このような情報からLGBTフレンドリー企業を探して、直接企業HPを見ることもできます。

企業HPの場合は、企業の事業内容や理念など広範な企業情報を得られるのがメリットです。ただし自分の知っている企業しか調べられないというデメリットがあります。

友人の紹介でLGBTフレンドリー求人を探す

友人や知人の紹介で求人企業を探す方法があります。実際にその企業で働いている人からの紹介であれば、求人企業の生の情報が得られるのが最大のメリットです。また知人の紹介ということで内定に近づける可能性もあります。

一方で、求人企業の選択の幅が狭く、就職まで時間がかかる可能性があることがデメリットになります。

 

LGBTフレンドリーな求人企業を探す方法をご紹介しました。この中の一つだけでなくいくつかの方法を組み合わせて活用するのも就職への近道になります。