LGBTの中でもFTMやMTFトランスジェンダーの就職希望者は履歴書やES(エントリーシート)の性別欄の書き方を悩む人が多いです。

性別欄をどう書くべきか、その場合の注意点は何かなどをご紹介します。

▼前編の記事はこちら
FTM、MTFトランスジェンダーのための履歴書性別欄の書き方【前編】

FTM、MTFトランスジェンダーのための履歴書性別欄の書き方【中編】

履歴書やES(エントリーシート)の性別欄を記入しない

 履歴書またはES(エントリーシート)の性別欄を記入しないという方法もあります。また求人企業指定のES(エントリーシート)がなければ、自分で履歴書を用意します。その際に性別欄のない履歴書を利用することもできます。

就活生は大学指定の履歴書を利用するケースも多いですが、大学指定の履歴書で提出しなければならないという求人企業はほとんどありませんので、自分で用意した履歴書を提出しても何も問題はありません。

性別欄があるのに履歴書の性別欄を記入しない場合には、書類選考の際に、記入漏れと求人企業に判断されることもありえます。

性別欄の記入漏れだけで書類選考が通過しないということは少ないとは思いますが、就活生や転職希望者にとっては、気になるところだと思います。

また履歴書やES(エントリーシート)に性別を記入しない場合は、自分が希望する性別の服装で面接を受ける場合が多いです。この時点でトランスジェンダーであるということをカミングアウトすることになります。

性別欄にFTMやMTFトランスジェンダーなどの記載をする

履歴書の性別欄にそもそもFTMやMTFトランスジェンダーなど明記する方法もあります。男女選択式では無理ですが、自由記述欄であればFTM、MTFと記入することはできます。この方法は、求人企業との最初の接点でカミングアウトをすることになります。性別欄だけでなく、履歴書の備考欄に、性同一性障害であるとか、LGBTのトランスジェンダーです、ということを書くケースもあります。

履歴書やES(エントリーシート)の性別欄の書き方についてご紹介してきました。最も良い方法というのはありません。求人企業がLGBTフレンドリーであるかどうか、自分がトランスジェンダーであることを求人企業にカミングアウトをしたいか、求人企業の選考方法はどうなっているか(エントリーシートの有無や集団面接の有無など)などいろいろな条件によって、履歴書やES(エントリーシート)の書き方のベストな方法は変わってきます。

自分にとって一番よい方法を探す際に、参考にしてみてください。