既卒・第二新卒に限らず、転職をする際には「どんな仕事をするか?」という希望職種以外にも、土日祝休み、年間休日数、残業時間、給与、勤務地など、複数の希望条件を考えます。

条件を考えてみることはとても大切です。一方、希望職種の求人で未経験歓迎の募集をみつけても、「口コミに定時では帰れないって書いてあったからやめておこうかな・・・」「土曜日が必ず休みではなさそうだから応募は見送ろう・・・」「退職金や住宅手当など福利厚生制度が充実しているところがいいからもう少し探してからにしよう・・・」という理由で応募を辞退する人も少なくありません。

上記を繰り返した結果、希望条件に合った求人がなかなか見つからず、時間ばかりが経過し、転職の機会を逃してしまう人もいます。

今回は、転職活動が初めての人も多い既卒・第二新卒の転職希望者必見の希望条件に合った求人の見つけ方についてご紹介します。

希望条件の棚卸をしてみる

複数の希望条件がある場合、全ての希望条件を満たす求人を見つけるのは非常に難しいです。特に既卒や第二新卒の場合は、スキルが明確にあるわけではないので、ポテンシャル採用を実施している企業を狙うことになります。既卒・第二新卒の場合の内定率は4割程と言われているので、選り好みをしすぎるのは、あまりお勧めできません。

とはいえ、希望条件を持つことは、就職先を決めるにあたって大切です。転職活動の軸がなく、何でもいいというのが一番転職活動を遅らせる原因になるためです。まずは希望条件の棚卸を行い、優先順位をつけてみることをおすすめします。

MUSTの条件に一致した企業は積極的にエントリーを

企業の求人情報の中には、歓迎条件と必須条件という記載があると思います。これと同様に、自分自身の希望条件にもこれだけは譲れないというMUSTの希望条件とできればあった方がいいというBETTERな希望条件があるはずです。

中途の求人は流動的で、先日応募していたものが今日には応募を締め切っている・・・ということも大いにあります。そのため、まずは自分の希望条件がMUSTなものなのか、BETTERなものなのかで分けて考え、MUSTな条件と一致した企業は機会を逃さないためにも積極的に応募することをお勧めします。

LGBTフレンドリー企業はLGBT当事者を求めている?

LGBTに理解のある企業であることを希望条件にしている既卒・第二新卒の転職希望者は多いです。この場合、何をやりたいか?や自分の何が活かせるか?を転職活動の軸に入れている人と、そうでない人とでは内定率に大きな差があります。

LGBTフレンドリー企業の多くはLGBTだから採用したいという理由でLGBTの理解を進めているわけではありません。「LGBTであることによって、会社から差別を受けることはおかしい」「LGBTであるかどうかにかかわらず、一個人として自分らしく働ける職場で力を思う存分発揮してほしい」という考えのもとに採用を行っている企業が大多数です。

既卒・第二新卒の転職活動において内定を獲得するためにまず大切にすべきことは、「仕事を頑張って取り組みたい!」という姿勢です。これはLGBTフレンドリー企業であっても同様です。LGBTフレンドリー企業だからという理由ではなく、理解のある職場で自分自身がどのように仕事に取組み成長していきたいかを示せるかどうかが、内定が獲得できるかどうかを左右します。LGBTフレンドリー企業であることという条件だけではない転職活動の軸をつくっておきましょう。