この時期、様々な理由で既卒での就職活動をしている人が増えています。

「セクシュアリティが理由となって新卒での就活があまりできなかった」
「単位がぎりぎりで卒業を優先した結果、就活ができなかった」
「やりたいことを優先していて、就活が遅れてしまった」
「一生懸命に就活したものの、内定をもらえなかった」
「内定をもらったものの就職予定先に疑問を感じ、辞退をした」

理由は人それぞれです。ですが、既卒での就職活動を行っている際、面接の際に共通して必ず聞かれるのが、「なぜ新卒で就職をしなかったか?」です。

今回は、「なぜ新卒で就職をしなかったのか?」という面接官からの質問に対する上手な答え方についてお伝えします。

既卒の就職希望者が面接官に懸念されがちなこと

 既卒の就職希望者が面接官に懸念されがちなことは大きく3つあります。

一生懸命に就活したものの、内定がもらえなかった人に対しては、内定がでなかったことには何かしらの理由があるのではないか?という漠然とした懸念を抱きます。

また、やりたいことを優先した結果、内定がもらえなかった人に対しては、物事の優先順位が付けられない人または働く意欲が低いというイメージを。

内定をもらったものの就職予定先に疑問を感じた人に対しては、自分自身の実力に対して理想が高く頭でっかちな可能性があるという先入観を持たれてしまいがちです。

懸念を払拭するための、上手な答え方

前述したような第二新卒の就職希望者に対する面接官が抱きがちな懸念材料を払拭するためにまず大切なことは、「言い訳をしているように聞こえないようにすること」です。

「一生懸命就活をしたけど、内定がもらえなかった」「学費を稼ぐためにアルバイトを優先した結果、卒業単位がぎりぎりになってしまった」「内定先の会社の方針が自分に合わなかった」「一生懸命就活をしたけど、内定がもらえなかった」など、外部環境が理由の人もいると思います。ですが、このような伝え方では、第二新卒の就職希望者に対する面接官の懸念を払拭することはできません。

外部環境だけを理由にするのではなく、自分自身にも落ち度があったことを自分自身で理解していること、また、これらの経験を踏まえて現在はどのような点を工夫し就職活動に挑んでいるかをわかりやすく面接官に伝えることが大切です。

セクシュアリティが理由だった場合の答え方

就職活動が上手くいかなかった理由の1つとして、スーツを着ることが難しかったなどセクシュアリティがあがる人もいると思います。正直に理由を伝えること自体は何も問題ありません。

その際に大切なことは、その経験を経て、現在はどのような気持ちで就職活動に挑んでいるのか?を働きたいという前向きな想いがしっかりと伝わるように意識して伝えることです。

エージェントを活用することで、面接官視点でのアドバイスをもらうことができます。より説得力のある伝え方を相談しながら進めていくことができるので、おすすめです。