求人企業の探し方は大きく分けると2つあります。1つは、転職求人サイトに登録をして自分で求人を見つける方法です。もう1つは、転職エージェントに依頼して自分にあった転職先を紹介してもらう方法になります。

自分で求人を探す場合も、転職エージェントの場合も、どちらにもメリット・デメリットがありますが、今回は、転職エージェントを利用したほうがよい人の特徴についてご紹介します。

初めての転職で何から始めたらいいのかわからない人

初めての転職活動の場合、『履歴書はどのようなフォーマットを利用したらいい?』『職務経歴書はどのように書くのが正解?』『面接ではどんなことを聞かれるの?』『何社くらい応募したら内定がでるの?』など、何をしたらいいのかわからないという不安からなかなか動きだせない人も多いです。

転職エージェントを利用すると、キャリアアドバイザーが担当として付きます。転職エージェントはキャリアアドバイザーと一緒に相談をしながら転職活動を進めていくのが基本スタイル。求人の紹介以外にも、履歴書や職務経歴書の添削や書き方のアドバイス、これまでのノウハウを活かした面接対策など、スムーズに転職活動を進めていくためのトータルサポートを無料で受けることができます。

限られた時間の中で効率的に転職活動がしたい人

転職エージェントの立ち位置は、企業と転職希望者の間にあります。求人企業とのやりとりを採用までの期間、代行して行ってくれることが特徴です。

転職求人サイトを利用して自分で転職活動を進めていくのとは異なり、面接日程や給料面・入社時期などの調整もしてくれます。

また、自分自身の経験・スキルや希望に合った求人を紹介してもらえるので、在職中で時間がない人やできるだけ早く転職をしたい人にとっては、非常に効率的です。

会社の雰囲気や口コミ情報が気になってなかなか応募できない人

退職理由が人間関係や会社の雰囲気、または、残業時間や休日出勤が多かった人に特に多いのが、業界の傾向や求人票から感じられる雰囲気や社名で検索してみた口コミ情報が気になって、なかなか求人企業に応募できないというケースです。

特に口コミなどは、転職の際に参考にする人も多いです。しかし、口コミの中には、記載情報が数年前のものであったり、口コミをした人数が10件に満たないなど、現在の職場の雰囲気や働き方に対する信ぴょう性に欠けるものはいくつもあります。

退職をした数名の情報だけをもとに、本当は自分に合った企業かもしれないのに選択肢から外してしまうというのはよりよい転職活動の妨げになる可能性があります。

転職エージェントでは、これまでの紹介実績を活かして、求人企業の裏情報や社内の雰囲気などの情報を詳細に持っていることがあります。その情報をキャリアアドバイザーから応募前に教えてもらうことができるので、ミスマッチを減り、安心して応募することができます。

転職求人サイトには掲載されていない優良企業に転職したい人

転職エージェントには、一般には公開されていない『非公開求人』と呼ばれる求人があります。転職エージェントにもよりますが、平均的な非公開求人数の率は約80%程です。

求人企業が非公開求人として転職エージェントに依頼する理由は、応募者の殺到を事前に防ぎ、厳選された人のみの選考を行うことで採用の工数を減らすことができるからです。また、急な異動や退職による欠員補充として至急採用しなければならないときには、転職求人サイトで公開までの時間が惜しいため、転職エージェントに依頼することもあります。

LGBTフレンドリー企業の中から自分に合った求人を見つけたい人にはNijiリクルーティングの転職エージェントがオススメ

年収1000万円以上のみ、20代や既卒・第二新卒向けのみ、ITエンジニアのみなど、取り扱っている求人を絞っている転職エージェントは増えてきています。

セクシュアリティを理由に退職をした人など、LGBTフレンドリー企業へ転職したいと考える人には、LGBTに理解のある企業のみを取り扱っているNijiリクルーティングの転職エージェントがおすすめです。

LGBTフレンドリー企業といっても、取り組み内容や制度の有無、社員ひとりひとりの理解度は、企業によって異なります。自分に合ったLGBTフレンドリー企業を見つけるためには、キャリアアドバイザーとしっかりと相談しながら進めていきましょう。