six
http://www.sixtokyo.com/より

8月24日、伊勢丹新宿本店メンズ館に新たな商品が登場しました。モノトーンのシックなパッケージが特徴のその商品は、「SIX」と呼ばれるシリーズ化粧品。LGBTメディア「GENXY」が企画開発した、ノージェンダーコスメです。

ノージェンダーとは主にファッション業界で使われる言葉で、「男女の性差を感じさせない」こと。男女両方の性に向けたユニセックスとは違い、最初から性差を意識していないことを指します。
ノージェンダーは、LGBT当事者であるなしに関わらず、ここ最近若者を中心にトレンドともなっています。

そんな中、今年の3月に登場したのが、ノージェンダーコスメ「SIX」です。
もともと、「男性向けの商品は清涼感が強すぎる、もっと刺激のない化粧品を使いたい」や「女性に限定された可愛らしいものではなく、セクシュアリティを感じさせない商品を使いたい」といった要望は多く、その要望が寄せられたLGBTメディア「GENXY」が企画開発しました。

「SIX」と名前を付けられたそのシリーズ、当初はインターネット上での販売でした。しかし口コミで話題となり、8月24日より新宿伊勢丹での店頭販売が開始しました。

現在のラインナップは、美容水(化粧水と美容液をミックスしたもの)と、洗顔フォーム。どちらもすべて国内産の材料で作られた、高級感のある仕上がりになっています。

かつては女性のものというイメージがあったスキンケアや化粧。しかし現在では体の性に関係なく、多くの人が取り入れています。LGBT当事者だけでなく、自分の好きなようにファッションを楽しみたい、自分を表現したいという需要が増えてきているのです。

企業として、LGBT当事者からニーズのある商品の開発が今後、高まっていくのではないでしょうか?