LGBT当事者orアライによるレポート。

LGBTという言葉の認知度は昔に比べてぐっと増えました。その中で、セクシュアルマイノリティではあるが、私はLGBTではないと言う人がいます。今回はその理由についてです。

LGBT以外のセクシュアリティがあるから 

LGBTはあくまで、セクシュアルマイノリティの中の4つのセクシュアリティの頭文字をとっただけの言葉と考えているためです。この4つ以外にも、多数のセクシュアリティがあります。

特にバイセクシュアルとパンセクシュアルや、MtF、FtMとXジェンダーなどは誤解されやすいため、「あなたもLGBTでしょ」と言われることがありますが、厳密にはこの4つには入らないため、否定する人もいます。

複数のセクシュアリティは一緒くたにしているから

LGBT、これだけでも4つのセクシュアリティがあり、実際には4つは異なっています。しかし、最近の世間でのLGBTという言葉の使われ方を見ていると、これらが混同されて使われていることがあります。

特に問題なのが、性的指向であるLGBと性自認であるTが一緒になり誤解されているケースです。たとえばゲイの人で、「男が好きと言うことは、女の子になりたいの?」などと言われた経験がある人もいるかもしれません。

このように全く違う性的指向と性自認という概念が、LGBTという言葉に両方含まれてしまっているため、誤解を招きやすいという欠点があります。そして実際に当事者の中でも、このような誤解をされたくないという気持ちから、自身をLGBTであると言われることを好まない人がいます。

色物扱いされてしまう

LGBTという言葉が浸透していくにあたって、LGBTという人たちに対する世間の人のイメージ、というのも作られてきました。これはいわゆるオネエ系のイメージも混ざってくるかと思いますが、見た目が派手、芸術センスが長けている、などは代表的なものかもしれません。「LGBTという人たちは私たちとは違う、特別な人種」、というイメージを持たれてしまうことがあるのは、報道のされ方や使われ方からきているでしょう。

ご存知の通り、LGBTだからこう、というものはありません。一人ひとり個性は違いますし、逆に言えば他の人となんら変わりはありません。LGBTだから面白い、などとポジティブなイメージを持っている人もいますが、逆に当事者としてはハードルが上がってしまうので、LGBTと名乗らない人がいます。

最後に

LGBTという言葉を使えどセクシュアルマイノリティという言葉を使えど、ストレートとマイノリティで分けている時点でそこに壁や誤解が生じてしまうのはある程度は仕方ないかと思います。現状間違った認識が広まっているため、LGBTというくくりを好まない人がいるのも当然だと思います。

SOGIという言葉が提案されましたが、性的指向や性自認に関係なく、互いが互いを認め合える社会が理想ですね。